フリーソフトで作る小規模グループウェアーサーバー
TurboLinux7Serverを利用した内部用サーバーの構築と運用

ユーザーディレクトリのweb公開

 一般ユーザーのホームディレクトリをwebに公開することができます。

・まずユーザーのホームディレクトリにpublic_htmlというディレクトリを作成します。(このディレクトリ以下が公開ディレクトリになります。)

・ディレクトリのプロパティを開きます。もし所有者欄のユーザーとグループがそのホームディレクトリの持ち主のものでなかったら(root等その時にログインしているユーザー名になります)ホームディレクトリの持ち主のユーザーとグループに変更してください。

・次に許可情報(パーミッション)を設定します。
 「ユーザー」エントリを表示、書き込みエントリ、入るにチェック
 「グループ」エントリを表示、入るにチェック
 「グループ」エントリを表示、入るにチェック

 ※ちなみに番号ではパーミッション755です。少し表記がわかりにくいですね。

 FFFTPで言うと、
  エントリを表示→呼出
  書き込みエントリ→書込
  入る→実行
  にあてはまります。

 ここまでの作業は、それぞれのユーザーでログインし、下記のコマンドで設定することもできます。

  $mkdir ~/public_html (ディレクトリ作成)
  $chmod 755 ~/public_html (パーミッション変更)


 ・最後にhttpd.conf内に「UserDir public_html」記述すれば設定完了です。
  (TURBOではデフォルトで設定されていますので、特に変更の必要はありません。)

 設定がうまくいっていればhttp://[サーバーのIP]/~[ユーザー名]/でpublic_htmlが公開されます。


FirstUpload 10/03/07-16:09 : LastUpdate 10/03/07-20:41

Copyright © フリーソフトで作る小規模グループウェアーサーバー All Rights Reserved.
Script by Petit CMS Designed by info-cache.com | admin