XOOPS Cubeでスケジュールサイト

piCalモジュールのインストール

 ※表示の関係から一部記号が全角で表わされています。
 ▽piCalモジュールのFTP転送(カレンダー機能のモジュール)

  解凍して得られたpiCalフォルダ内の/common及び/modulesをFTPで/html以下に追加

 ▽XOOPSへpiCalモジュールをインストール

  ・管理者でログインしてpiCalモジュールを追加

   ユーザメニューから管理者メニューを選択して、互換モジュール→モジュールの管理
    ↓
   右上のモジュールのインストールをクリックし、piCalモジュールの操作欄からインストールボタンをクリック
    ↓
   確認画面がでたら、インストールボタンをクリックして完了

 【重要】必要があってモジュールインストール後にモジュールファイルを修正した場合は管理メニューのモジュールの管理でアップデートしないと修正が反映されません。

Protectorモジュールのインストール

 ▽ProtectorモジュールのFTP転送(サイト攻撃防御機能のモジュール)

  解凍して得られたファイルを下記の通り転送

   ・htmlフォルダ以下を/home/user/public_html/html/以下へ転送
   ・xoops_trust_pathフォルダをフォルダごと/home/user/へ転送
   ・/home/user/xoops_trust_path/modules/protector/configsのパーミッションを777に

 ▽mainfile.phpをProtectorがインストールできるように編集

 【重要】普通に編集作業をするといつの間にかファイルの文字コードがSHIFT-JISになってしまうので、EUC-JPで読み込みと書き込みができているか確認しながら作業すること

   /home/user/public_html/html/mainfile.phpを以下の通り編集

  □XOOPS_TRUST_PATHのパスを記述  

   define(’XOOPS_TRUST_PATH’, ’’);
    ↓
   define(’XOOPS_TRUST_PATH’, ’/home/user/’);

 ▽XOOPSへProtectorモジュールをインストール

  管理者でログインしてProtectorモジュールを追加

   ・ユーザメニューから管理者メニューを選択して、互換モジュール→モジュールの管理
     ↓
   ・右上のモジュールのインストールをクリックし、Protectorモジュールの操作欄からインストールボタンをクリック
     ↓
   ・確認画面がでたら、インストールボタンをクリックして完了

 ▽Protectorの処理を割り込ませるためにmainfile.phpを下記の通り編集

   ・mainfile.phpの一番最後のほうにある下記の部分の前後に

if (!isset($xoopsOption[’nocommon’]) && !defined(’_LEGACY_PREVENT_EXEC_COMMON_’)) {
include XOOPS_ROOT_PATH.’/include/common.php’;
}

   ・以下の通り2行を追加

include XOOPS_TRUST_PATH.’/modules/protector/include/precheck.inc.php’ ;
if (!isset($xoopsOption[’nocommon’]) && !defined(’_LEGACY_PREVENT_EXEC_COMMON_’)) {
include XOOPS_ROOT_PATH.’/include/common.php’;
}
include XOOPS_TRUST_PATH.’/modules/protector/include/postcheck.inc.php’ ;

 【重要】なんらかの理由で自分自身が上記モジュールのIP拒否リストに載ってしまいXOOPSにアクセスできなくなった時はFTP等で XOOPS_TRUST_PATH/modules/protector/configs 内のファイルを編集または削除してください。

▲このページの先頭へ


 © XOOPS Cubeでスケジュールサイト by info-cache.com Script by 帰宅する部活 Designed by info-cache.com 

Menu

Contents